カウンセラーの求人で採用されるために

カウンセラーの求人

カウンセラーの求人慎重に言葉を選ぶことが大切全てを教科書に当てはめることは危険

カウンセラーの資格を取って、精神的に辛い人の役に立ちたいと考え、求人に応募しました。
カウンセラーであるためには、自分自身が繊細さを持っていなくてはなりません。
そうでないと、精神に不調を抱えている人の辛さに寄り添うことができないからです。
求人を選ぶ際には、一人一人の患者に時間を使える場所を選びます。
時間としては十五分しかないところや多くの時間を確保できる場所があります。
選択することになると、できる限り長く患者と向き合える場所選びが重要です。
精神科の仕事は、薬を処方することにありますが、そのための問診には会話が多いです。
症状として目に見えるものは、脱毛症や顔色が悪いなどいくつかありますが、基本的に心の問題なので目に見えません。
患者が思っていることを正確に伝えられるかどうかも確かではないです。
カウンセラーとして対面するには、様々なことを考えながら接する必要があります。
そもそも患者が他人に対して本音を言えないことも考慮します。
話の中に本当に言いたいことが隠れていないかを仕草などから察することも仕事です。
中には、言われたくないことを言ってしまうと怒りだしたり、話さなくなってしまう人もいます。