カウンセラーの求人で採用されるために

全てを教科書に当てはめることは危険

カウンセラーの求人慎重に言葉を選ぶことが大切全てを教科書に当てはめることは危険

人間の個性については、全てに当てはまることはありません。
意識のこともそうですが、精神の領域においては解明されていないことが多すぎるので、全てを教科書に当てはめることは危険です。
診断の流れとしては、医者による治療の前に初診の患者はその人となりを知るための時間を取ります。
三十分の間に、診察を受けるにあたる症状を説明してもらいます。
次に今までの出来事をできるだけ過去にさかのぼって話してもらうことが必要です。
今の症状に繋がっている過去のトラウマや嫌な出来事を持っている患者が多いので、自分で思い出せる限りの昔の記憶を聞きます。
思い出すこと自体がストレスになることもあるので、慎重さがいります。
一通りの会話をして、データが揃ったら全員に聞く質問をします。
それにより、発達面の問題や現在の精神状態を知ることができるでしょう。
会話が終わってから、見た目や仕草からわかる症状と、患者が実際に話していた内容をまとめて医師に提出します。
データを見ながら診察することで制度が上がります。

相手が困っている時、
どのくらい自分を犠牲にできる?🥺💗💭https://t.co/Gr50D17t0s
男性の皆さんにアンケートした集計結果を
ご紹介です!✨✨
相手が困っているときに、
どのくらいじい分を犠牲にできるのか
気になる結果をCHECKです!!🙆🏻‍♀️💞 pic.twitter.com/zHN88QAVfE

— 美容求人@大阪 (@kyujin_beauty) September 11, 2021